• HOMEへ戻る
  • サイトマップを開く
  • 各種お問い合せ|メール|TEL|FAX
  • HOME
  • 特別養護老人ホーム グランツァ
高齢者介護

特別養護老人ホームグランツァのご案内

事業所情報
種別 特別養護老人ホーム グランツァ
定員 ユニット型 60床
所在地 名張市美旗中村1417番地2
連 絡 先 電話 0595-67-0123
FAX 0595-67-0125
施設情報
サービス利用料金表 ご入居までの流れ 入居申込書 特例入所申込理由書 カタログ(11.53MB)

工事の記録

特別養護老人ホーム「グランツァ」グランドオープンしました。

7月1日、高齢者介護の一役を担う特別養護老人ホーム「グランツァ」がグランドオープンしました。
お一人おひとりの我が家として、温もりのある暮らしが始まりました。
職員も、真新しいユニフォームがサービスのシンボルだと言われるよう、家族のように暮らしに寄り添うケアを目指してまいります。

6月13日に竣工式を執り行いました。

竣工式とは、建築物が無事竣工した事を関係者にご披露し、協力いただいた方々に感謝の意を表す式典です。美波多神社宮司によりおごそかに執り行われ、建物が無事に完成したことを感謝し、丈夫でいつまでも安全であることなどお祈りしました。
また当日は多くの関係者にご臨席、ご祝電を賜り、重ねてお礼申し上げます。

建物が名張育成会に引き渡されました。

昨年9月から始まった工事も無事故のうちに完了。先日、各種検査も無事合格し、5月31日に建物が名張育成会に引き渡されました。
あとは各部屋などの備品を設置し、竣工式、内覧会を経て7月のオープンを待つばかりとなります。オープンが楽しみですね!

建物工事の完了です。

建物そのものの工事は無事すべて終了しました。
先日建物内の検査を済ませ、あとは消防検査、建物検査、施主検査と安全性の確認を待つばかりです。7月のグランドオープンに向け、いよいよカウントダウンが始まりました!

建物の足場が取れ、全容が現れました。

建物を囲んでいた足場がGWまでにすべて撤去され、建物の全容が現れました。
今では、外構工事や内装工事、また配線工事などが並行して進められ、仕上げに向かった作業が着々と進められています。

スロープの荒路盤工事が完了しました。

正面玄関に通じるスロープの基礎に当たる、荒路盤工事が完成しました。しばらく車両通路として路面を均(なら)した後、GW明けには舗装工事に移る予定です。
また建物の足場はGW前にすべて撤去され、いよいよ建物の全容が現れます。

管理棟の上棟工事が進み全容が現れました。

手前の管理棟では屋根部分の棟木や木組みを行う上棟が進み、これで建物の全容が現れました。
また3階建ての居住棟では内部造作工事が順調に進められています。
3月末にはすべての屋根工事も完了。
外壁工事も急ピッチで進められる予定です。

建物構造躯体建て方工事が進んでいます。

建て方工事とは、柱、梁、母屋などの構造材を組み立てることです。
2×4(ツーバイフォー)工法では、筋交いではなく合板を張って面で建物を支え、耐力を強化しています。すでに3階まで組上り、2月末には屋根が乗ります。
そのあとは、いよいよ内部造作工事に移ります。

土台敷き床根太工事が始まりました。

特別養護老人ホームは基礎工事が完成し、「土台敷き床根太工事」が始まりました。

「土台」は基礎と建物を緊結する役割を持ち、「根太」は床を支える役割を持ちます。
現場では多くの木材が搬入され、鉄筋やコンクリートの冷たい色合いから温もりを感じる色合いになってきました。
また、工事の進んでいる個所では、足場も組まれ始めています。

基礎工事が順調に進んでいます。

特別養護老人ホームは地盤改良工事を終え、
12月に入って基礎工事が順調に進んでいます。

写真は、鉄筋を張り巡らせる配筋工事中の様子。
間もなく基礎の形にあわせた型枠にコンクリートを流し込む、「打設」という工事に移ります。
年内には基礎工事も完了する予定です。

地鎮祭を、9月28日に執り行いました。

地鎮祭とは、工事の無事故無災害を願い、建物の繁栄を祈る儀式のこと。美波多神社宮司により、建設予定地にておごそかに執り行われました。

名張育成会関係者、工事関係者はもちろん、お世話になる地域からも多数のご列席をいただき、工事の安全をお祈りいたしました。

特別養護老人ホームグランツァについて

今年7月に開設する、特別養護老人ホーム。
ホームのコンセプトは「施設ではなく我が家」です。

お一人おひとりの生活のリズムを大切にした、皆さまにとって大切な「暮らし」がご提供できるよう、様々な工夫や配慮をしてまいります。

また、入居者だけでなく地域の方にも貢献できるよう設備の活用や、安心に寄与する仕組みにも取り組んでまいります。

ブランドの思い
「グランツァ」とは、「栄光、輝き」というドイツ語Glanzの造語です。誰もが、輝いた人生を送ってほしいという思いを込め名付けられました。また、そのブランドマークに表されているいくつもの水玉は、その人が歩んできた人生や個性などを表しています。そしてそこに暮らす人や職員のみんなが、目に見えない糸で結ばれ、仲間として、家族として暮らしていく、そのような思いが込められています。

大きな3つの特徴

三重県初の耐震耐火木造建築

ツーバイフォー工法を採用した、全国でも珍しい3階建ての耐震耐火木造建築、三重県では初となります。気密性が高く防音効果にも優れていますので、お隣同士の音も気になりません。

ユニットケア

個人を尊重しながらも、家庭的な雰囲気の中で生活できるようにした「介護ケア」。入居者のリズムにあった介護が受けられるよう、お部屋は完全個室でそれぞれトイレと洗面が備え付けられており、プライバシーを確保しながら、家族のように暮らせる造りになっています。

地域とともに

地域交流スペースを設けており、地域との共生を目指してまいります。ご家族で介護されている方向けの介護研修や相談会、また看護師、管理栄養士といった専門職員が行う教室の実施など、ホームに暮らす方だけでなく、地域の方にもより良い暮らしができるよう努めてまいります。

  • TOPページへ

本ホームページに掲載の文章・画像写真などを無断で複製または利用することは法律上禁じられています

Copyright (C) 2008 NABARI-IKUSEIKAI. ALL Rights Reserved.